新潟県上越市、上越火力発電所の東に位置する黒井突堤と新堀川河口。



沖へ3本延びた堤防は、駐車スペースが広い上に入釣しやすい。
さらに足場も良好という、非常に環境恵まれた堤防です。

黒井突堤〜新堀川.jpg

そのためビギナーでもベテランでも、若くても年配でも、誰でも楽しむことができる釣り場となっています。

ターゲットも小物から大物まで様々な魚種を狙うことができ、人気の高い釣り場。

乗っ込み期のクロダイ場としても高評価であり、良型が多く釣れるので春先にはクロダイを狙う釣り人がズラリと並びます。

どの堤防も潮通しが良好な先端が好ポイントですが、先端以外でももちろん釣れます。
潮の動きを見ながら釣り座を選ぶのがベストです。


●黒井突堤〜新堀川河口の釣り好ポイント




黒井突堤はクロダイ狙いの釣り人が多い場所。
しかし、投げ釣りやサビキ釣り、ルアーフィッシングなど色々な釣り方が楽しめます。

シロギスは堤防から釣れますが、堤防付け根の砂浜から投げても十分に釣れます。
群れが浅瀬に入ってくる秋には数釣りもできます。

堤防から狙う場合、足下から10mほど沖まで捨て石が入っています。
なので取り込みは、仕掛けが手前に来たなら早めに巻き上げるのがいいです。

黒井第一のAポイント

黒井突堤A.jpg

先端部でカレイが高実績。
アジは中型以上のサイズが狙えます。

また、8号以上のハリを使用し、投げウキ仕掛け(投げサビキ)で狙ってみるのがベスト。

Bポイントの黒井第二は

黒井突堤B.jpg

先端のテトラ周りでクロダイがよく釣れます。

Cポイントの黒井第三は、

黒井突堤C.jpg

消波ブロックが足場が斜めに海へ落ち込んでいます。
そのため、玉網が必要となります。

サワラやイナダは群れが回ってきた一瞬が狙い目。
メタルジグを常備していればすぐに対応できます。

数多く回遊している際は、ナブラやライズが頻繁に出ます。
カマスは金フラッシャー、あるいは白毛の専用サビキに20号前後のオモリをつけてサビくのがメジャーな釣り方。

Dポイント

新堀川D.jpg

沖にあるテトラなので、ゴムボートで渡る場所。
しかし、大型のクロダイが釣れるためシーズンともなると多くの磯釣り師が竿を出しに来ます。

このポイントは東に新堀川があるので、常に潮が東から西へ動いています。
なのでナギでも濁りがある場所です。

大型狙いなら遠投が有利。

潮通しが良好なので、クロダイ以外にアジ、回遊魚、アオリイカなどが狙えます。
しかし、テトラが低いため少しでも波が出ると被ってしまいます。

波の状況には常に気を配るようにしたいところです。

Eポイントは海中へ階段状に落ち込んでいく護岸。

新堀川E.jpg

その先の水深は2〜4m。
春先には底がみえないほどの海藻が付くのでクロダイの産卵場所となっています。

魚が食いついても藻の中に突っ込んでしまったり手前の階段や沈み根にハリスが擦れることが多いため、ハリスは1.5号以上がいいです。

海藻が少ない場所にうまく誘導し、後ろに下がりながら取り込むのがベスト。

Fポイントの護岸が切れた砂浜は

新堀川F.jpg

シロギスが釣れるポイント。
沖にあるテトラ帯が波を抑えてくれるので、外海にウネリがあっても竿を出すことが可能です。


Gポイント、新堀川河口は

新堀川G.jpg

川がエサを運んでくるため、クロダイやスズキをはじめ、多くの魚が集まってきます。
スズキはルアー。

クロダイはウキフカセよりカニ餌の前打ちので大型が釣れています。

●黒井突堤〜新堀川河口の釣り期

黒井突堤〜新堀川河口の釣り時期.jpg

●黒井突堤〜新堀川河口周辺のコンビニ

釣り場から最寄りのコンビニは約3.1km南にあり。





好ポイントのはずなのに釣れない!そんな時、この動画が役立ちました↓↓

>ターゲット別、プロ直伝の釣り方