新潟県上越市、関川の西に位置する船見公園。



この船見公園は豊かな砂浜の復活、また親しみのある海岸空間の創出を目指して整備された施設。
関川の西から水族館下まで、約1kmの海岸線には遊歩道が整備されています。


しかも、ビーチバレーのコート、更衣室、シャワー、東屋などの設備があるので海水浴場時期になると県内外から多くの人が訪れます。

釣り場としては多彩な魚種が狙えますし、周辺環境も整っていることからビギナーからベテラン、家族連れも楽しめる人気スポットです。

船見公園.jpg

周辺には駐車場やトイレ、釣具店もあり恵まれた環境にあります。

●船見公園周辺の釣り好ポイント





沖に並ぶA〜Eポイントのテトラ帯は関川からの影響を非常に受けやすい場所。
春先には雪代が流れ込み、冷たい水と濁りが一気に流れてくるので一時的に食いが渋くなります。

しかし、雪代が落ち着くと様々な魚が釣れるようになります。

A、Bポイント

船見公園AB.jpg

マイボートがないと渡れません。

しかしC、Dポイント

船見公園CD.jpg

砂浜からウエーダーを着用して渡ることができます。
ただ、季節や年によって砂のつき方が変化するので注意が必要です。

長靴で渡れるときもあれば、荒れ後は手前の砂がえぐられて急に深くなっていることもあります。

テトラ沖側の水深は4〜5mの遠浅。

Eポイントテトラ帯は
船見公園E.jpg

手前の砂浜からケーソン伝いに渡ることが可能。

水深は2〜3mで東側は浅く、西側に寄るほど深くなっていきます。

テトラ堤周りでは5月〜6月に30〜40センチクラスの大アジが産卵のため群れで回遊してきます。
なので入れ食いは船釣並みが期待できます。

小魚が多いので、それを求めてイナダやサワラ、シーバスも回遊してきます。
岸のすぐそばにナブラが立ったり、ライズが連発するなど・・たまらない瞬間を目撃することもしばしば。

テトラの間にブラクリを落とすと根魚も釣れます。

大型クロダイの実績も高く、春の乗っ込み期は特に期待が大きいです。

船見公園周辺は雪代の影響をまともに受けるので水温がなかなか上がりません。
なので他の地域に比べて、やや遅れて乗っ込み期に入ります。

春先など水温が低く、食いが良くない時には砂地に海底に仕掛けを這わせると効果が高いです。
食いが立ってきたら少しずつウキ下を浅くしていき、釣りやすいタナで食わせていくといいです。

とはいえ、水温が低いからといって食わないわけではありません。
一度食いが立てばシーズン初期であっても前打ちの硬いカニ餌に食ってくることもあります。

船見公園の沖にはマダイ釣りやヒラメ釣りの船が集まる良質の漁場があります。
そのためか、船見公園テトラ周りでも大型ヒラメやマダイが釣れます。

ただテトラは雨などで濡れるとかなり滑りやすくなります。
ゆえに乾いていることを確認して入釣したいところ。

関川河口へ続く砂浜はシロギスの好ポイント。

5月のシーズンに突入するとシロギス狙いで多くの釣り人が訪れます。
テトラの切れ目は波が砂を吐き出すので海底が多少深くなっており、このカケアガリにシロギスが集まります。

このカケアガリは一番狙い目なシロギスポイント。

関川河口から離れたEポイントの西側もシロギスポイント。
テトラのみならず、砂浜から竿を出しても爆釣の実績あり。

シロギス狙いなら必ず押さえておきたいポイントです。

●船見公園周辺の釣り期

船見公園周辺の釣り時期.jpg

●船見公園周辺のコンビニ

船見公園から最寄りの24時間営業のコンビニは約1.5km南にあり。



●船見公園周辺の釣具店
・えびすや釣具店

船見公園からえびすや釣具店までは約750m西にあり。



・営業時間:24時間営業
・住所:〒942-0001 新潟県上越市中央5丁目19−10
・TEL:0255438316

・フィッシング木島

船見公園からフィッシング木島までは約550m西にあり。



住所:〒942-0001 新潟県上越市中央5丁目20−20
TEL:0255436571




好ポイントのはずなのに釣れない!そんな時、この動画が役立ちました↓↓

>ターゲット別、プロ直伝の釣り方