新潟県糸魚川市、富山県との県境に位置する市振港。



規模は小さいものの、狙える魚種が多いため人気の高い釣り場となっています。
港の東側一帯は海水浴場で、夏場はキャンプもできます。

市振港全体図.jpg

投げ釣りでシロギス、カレイ、アイナメを狙えますが波打ち際から30m〜40m程度まで海底が岩礁帯となっている部分があり、根がかり回避のためそこは避けます。

港内はトイレがあるので釣りのフィールドとしては恵まれています。
ただ、近くに釣具店がないので餌は準備して行く必要があります。

また、コンビニも周辺にはありません。


●市振港の釣り好ポイント





東堤防、港内向きのAポイント

市振港A.jpg

クロダイのダンゴ釣りポイントとして高い人気を誇っています。
夏〜晩秋にかけてはカイズ級がメインですが数釣りが可能。

水深は4〜7mほどなので釣りがしやすく、海底は岩礁などの根があるのでメジナが多いです。

堤防先端部のBポイント周辺は、

市振港B.jpg

12m以上の水深があり、潮通しも良好。
そのため、様々な魚種を狙えます。

投げ釣りではカレイ、シロギス、アイナメ。
投げサビキで中〜大アジ。

生き餌を使えばイナダなどの回遊魚もヒット。
50センチクラスのマダイが釣れた実績もあります。

夏〜秋にかけては30センチ前後のメジナがコマセに浮くことがあり、その際は数が伸びます。

堤防外向きのCポイントも、
市振港C.jpg

メジナ、クロダイの好ポイント。
9月〜11月は、この堤防全域でアオリイカの好ポイントとなり、エギングや生き餌を使ったウキ釣りで狙います。

港内はさほど水深がなく、潮通しも良くないのでターゲットは限られますがDポイント付近で

市振港D.jpg

夏〜秋にかけて豆アジ、小型サヨリが釣れます。

Eポイントは秋の夜間に、

市振港E.jpg


エギングでアオリイカが狙えます。

港内西側は公園が整備され、トイレもあり。
公園前の岸壁Fポイント

市振港F.jpg

ウキフカセでメジナ、クロダイが狙えます。
かなり沖まで荒い沈み根があり、ダンゴ釣りには不向きです。


岸壁の西側の消波ブロック帯Gポイント

市振港G.jpg

ウキフカセで良型のメジナが狙えます。
35センチオーバーの実績もあり。

また、クロダイの実績も高いです。

港の東側海岸に配置されている消波ブロック帯のHポイントは

市振港H.jpg

かつては地続きでしたが、現在は離岸堤。
ウエーダー着用で渡ることが可能。

投げ釣り、ウキフカセでクロダイ、メジナが狙えます。

●市振港の釣り期

市振港釣り時期.jpg




好ポイントのはずなのに釣れない!そんな時、この動画が役立ちました↓↓

>ターゲット別、プロ直伝の釣り方