熊本県天草市、天草町に位置する軍ヶ浦漁港(いくさがうらぎょこう)。



波が穏やかな羊角湾の入口にある軍ヶ浦漁港は、東西に延びた波止が主な釣り場。
マダイをはじめ、バリやクロなどが釣り人を楽しませてくれます。

近年ではエギングのミズイカ釣りも人気。

この漁港で最も人気な釣り物がカゴ釣りで狙うマダイ。
1年を通して姿が見られますし、型がそろうのが魅力です。

夏〜初冬はバリやクロが釣れ、メイタ、キビレ、ヘダイなども姿を現します。

ミズイカは春〜梅雨ごろまでがベスト。
数はあまり出ないものの、エギングで1〜2kgの大型がヒットします。


●軍ヶ浦漁港の釣り好ポイント





Aポイント、東側の波止は

軍ヶ浦漁港A.jpg

先端がマダイのポイント。
2、3人しか入釣できないものの「よく釣れる」と評判です。

竿1本半〜2本のタナをとり、南西方向に見える養殖いけすをめがけ、30mほど投げます。
型は30〜40センチあり。

まれに60センチ前後の大型がヒットすることも。
潮周りはさほど関係ありませんが、最干時はあまり期待できません。

バリは30センチ前後。
クロは20〜25センチ。

いずれもマダイの脇役的な扱いですが、フカセ釣りで専門に狙ってみのもおもしろいです。

Bポイント西側の波止は

軍ヶ浦漁港B.jpg

Aポイントほどマダイは期待できないものの、先端から屈折部にある消波ブロックからも狙えるため、収容人数は多いです。

ウキ釣りでメイタ、キビレもよく釣れます。

型はいずれも小型ですが、沖がしけたときには良型の確率が高いです。

ミズイカは波止の外側、内側ともによく、3〜3.5号のエギを使用します。
海底は砂地なので根がかりはあまりありません。

しっかりステイさせ、じっくり狙うことができます。

●軍ヶ浦漁港の釣り期

軍ヶ浦漁港釣り時期.jpg


>釣果はどうだった?好ポイントでも釣れないとき、これ見てみると良かったよ