熊本県天草市新和町、宮地浦湾の一番奥にある小さな港、宮地浦の小港。



ここの釣り場は、北北西向きに延びた短い波止。
そのため収容人数は少ないですが、魚影は非常に濃く、アジをはじめチヌやマダイなどが釣り人を楽しませてくれます。

アジはほぼ1年中釣れますが、型が出るのは初冬〜春。
海水温が下がりきった頃なので、エサ取りも少なくて釣りやすいです。

アベレージサイズは20〜25センチ。
時折30センチ近いものもヒットします。

投げサビキで竿1本のタナを探る人が多いですが、カゴ釣りでマダイと同時に狙う人もいます。

●宮地浦の小港の釣り好ポイント




Aポイントの短い波止は

宮地浦の小港A.jpg

付け根から徐々に深くなり、敷き石の先からドン深になっています。
潮がほぼ動かないため先端から扇状に探り、当たりが出た場所をピンポイントで攻めます。

アジのタナはおよそ竿1本ほど。
しかし真冬は竿2本で当たるケースもあり。

チヌは冬〜春に30〜40センチクラスが単発的にきます。
乗っ込みには50センチクラスの実績もあります。


オキアミ生を餌にしたウキ釣りで敷き石のカケアガリを探るのがベスト。

Bポイント、波止際は

宮地浦の小港B.jpg

チヌの好ポイント。
Aポイントの波止の付け根から西向きにフカセやウキ釣りで狙います。

型はAポイントと同様。
乗っ込み時季には干潮時に露出した地磯からも狙えます。

タナは2ヒロ前後。
満潮でも竿1本以内にして、比較的浅ダナを狙います。

内側では探り釣りでガラカブが少し釣れますが、小型。

エギングでコウイカを狙う人もいます。

●宮地浦の小港の釣り期

宮地浦の小港釣り時期.jpg


>釣果はどうだった?好ポイントでも釣れないとき、これ見てみると良かったよ