千葉県勝浦市、興津に位置する興津中堤。



興津湾の最深部に位置するこの中堤は、興津川と砂浜を隔てるように造られており、クロダイ、シロギス、アジの好釣り場として人気が高いです。

興津川河口から延びる堤防の周囲は先端部分がブロック。
それ以外は石積みとなっているため足場が良好。

河口付近は岩礁、ハエ根が突き出していますが先端付近の沖は砂地。
また、堤防の延長方向の40m沖には海底に波消しのブロックが沈められており、これが漁礁の役割を果たしているのか一帯の魚影は非常に濃いです。

興津川を渡ると興津海浜公園があり、駐車場やトイレがあります。

●興津中堤の釣り好ポイント



Aポイントの先端部は、

興津中堤A.jpg

アジ、シロギスが狙える本命ポイント。
アジはカゴ釣りがメイン。

夕方〜夜が狙い目。

特に日没直後がベストタイム。

右から左沖へ潮が流れるタイミングが良好。
正面から東港が見える方向を探るようにします。

釣り始めは2ヒロ前後のウキ下でヒットしますが、コマセが効きだすと半ヒロ。
時には数10センチという浅いタナまで上がってきますのでウキ下をこまめに調整し、タナを外さないよう注意が必要です。

シロギスは1年を通して狙うことができますが、特に秋〜初冬にかけてが高実績。
遠投よりも80m以内にある波消しブロックまでの間を丹念に狙います。

当然、ちょい投げでも十分勝負になります。

Bポイントの堤防先端部の中央は

興津中堤B.jpg

ターゲットはAポイントと同じですが釣果はそこまで及びません。
アジはカゴ釣りで潮目の縁を探るようにしますが、潮があまり流れない時は同じポイントに何度も仕掛けを投入し、自分のコマセでポイントを作るようにします。

シロギスは50〜120mの間がポイントとなりますが、近場での実績はあまりありません。

Cポイントは河口寄りの角。

興津中堤C.jpg

ここは岩盤が張り出しており、潮が引くと露出しますので釣りにくいです。
しかし濁りが入ればクロダイが狙えます。

数はあまり出ないものの、特に春は大型がヒットします。

潮位の高いタイミングを中心に、ブロック際や少し遠投して岩盤の落ち込みを狙うのがベスト。

ここはA、Bポイント同様にアジも狙える場所ですが、川水の影響を受けやすく雨上がりは釣果がガタ落ちすることがあります。

仕掛けは50m以上遠投した方が良好。
潮が左から右沖へ流されるときがベストタイミング。

●興津中堤の釣り期

興津中堤釣り時期.jpg

・釣れる魚の盛期
アジ:5月〜11月
シロギス:6月〜7月、10月
クロダイ:4月、10月〜11月
サヨリ:1月、12月
イシモチ:6月〜7月、10月

●興津中堤周辺のコンビニ

興津中堤最寄りのコンビニは、約800m北にあり。


ただし、営業時間は6時〜23時です。


●興津中堤周辺の釣具店
・京橋釣具店
京橋釣具店.jpg
興津中堤から最寄りの釣具店は、約600m北にあり。



住所:〒299-5245 千葉県勝浦市興津2593
TEL:0470-76-0902

●興津中堤周辺の車中泊スポット
・興津海浜公園駐車場
興津海浜公園.jpg
夏でも無料の駐車場。トイレがあるので車中泊をすることが可能です。
夜間はトイレにあかりがつかないので、懐中電灯など持参する必要があります。

海はきれいです。
>黒鯛(チヌ)釣り年間600匹 『落とし込み&前打ち』 こうすれば釣れます!!