千葉県南房総市、千倉町に位置する大川港。



そして、同じく千倉町に位置する千田港。


道の駅 ちくら潮風王国を挟むようにして2つの港があります。

大川港は周囲を磯に囲まれているので、港内と磯場がメインポイントとなります。


千田港は南房総エリアの中では比較的規模の大きい港。
しかし、外側の堤防先端部が立ち入り禁止となっているのでサオを出せる場所は案外少ないです。

ターゲットはメジナ、クロダイ、アジ。
この一帯ではノリエサを使ったメジナ釣りが盛ん。
冬場は良型の数釣りも可能です。

●大川港の釣り好ポイント


大川港の左側堤防のAポイントは、
大川港A.jpg

足場が高く、階段で降りて磯に出ます。
足元はフラットで釣りやすいですがウネリのある日や満潮時は波が洗うので万全の準備が必要です。

船道ではメジナとクロダイが狙えます。
いずれも良型が出るので人気のあるポイント。

竿下でもアタリは出ますが、沖に払い出していく潮に仕掛けを乗せて流すのもいいです。

エサ取りに強いノリやスイカエサを使っている時は積極的に沖を狙ってみるといいです。
また、この堤防は昔からサーフライトを使ったスズキ釣りのポイントとして知られています。

近年は狙う人は少ないものの、ルアーや電気ウキでのスズキ釣りも面白いです。

港内岸壁のBポイントは

大川港B.jpg

地元の人がサオを出していることが多く、県外から訪れる人はまれ。
しかし秋口はカイズが期待できます。

特に外海が荒れた日には狙い目。

●千田港の釣り好ポイント

港口の細長い堤防Cポイントでは
千田港CD好ポイント.jpg

ウキフカセでクロダイ、カイズが狙い目。

堤防の右側は浅いので左の船道と正面のカケアガリがメインポイント。
また、サビキ釣りやウキ釣りではアジ、イワシ、サヨリなどが狙えますので家族連れでも楽しめるポイントです。

Cポイントの対岸にあるDポイントも船道を狙える釣り座。
しかしクロマを乗り入れることができないので釣り人はまばら。

ただ、実績は確かなのでのんびりとサオを出したい人にはおすすめです。

外側の堤防で唯一サオを出せるのがフェンス手前のEポイント。

千田港E好ポイント.jpg

沖からミゾが入っているので魚影は濃く、メジナやクロダイのほかルアーでヒラスズキも狙えます。
しかし、この堤防は波を被りやすく海の状況には十分な注意が必要です。

●大川港と千田港の釣り期

大川・千田港釣り時期.jpg

・釣れる魚の盛期
クロダイ:3〜4月、8〜10月
メジナ:1〜3月
サヨリ:1〜2月
アジ:6〜11月
ヒラスズキ:3〜4月、11〜12月

●大川港・千田港周辺の車中泊スポット

・道の駅 ちくら潮風王国

潮風王国.jpg



大川港と千田港の間に位置しています。

駐車場は道路沿いですが、夜間は意外と静かです。
レストランもあり、20時まで営業しています。
>無料でできる、ガソリン代を安くする方法