千葉県南房総市、千倉町白間津に位置する白間津港。



千倉大橋の下に位置する白間津港は、奥まった形状をしているため比較的規模は大きいものの。訪れる釣り人は少ないです。
ゆえにのんびり竿を出せる釣り場ですね。

見た目からして潮通しが良くなさそう・・と思いきや過去の実績はかなり高く秋〜春のメジナは1kgオーバーも頻繁に上がります。

カゴ釣りのアジも良型が釣れることで知られており、クロダイやヒラスズキ、イシダイなども狙えるという、非常に魚影の濃い釣り場です。

●白間津港の釣り好ポイント


白間津港の好ポイントはいずれも船道に集中しています。
公園の磯から延びている堤防Aポイントと、南房千倉大橋下の堤防と小磯がメインの釣り座です。

さて、岩礁の上に造られた堤防Aポイントは

白間津港A釣りポイント.jpg

秋のクロダイ狙いが良好。
ハエ根の先の落ち込みがポイントとなります。

サオ1〜2本先にコマセを効かせてウキフカセかダンゴ釣りで狙うのがベスト。

橋の下、Bポイントは

白間津港B釣りポイント.jpg

メジナ、アジがメインターゲット。
メジナは外海が荒れ気味の時が狙い目。

船道の中央付近にある沈み根まわりで良型がヒット。

なぎの日はというと、25センチ前後とややサイズダウンしますが、数釣りは十分に狙えます。

ウキ下は2〜3ヒロが基準。
磯際の底付近を探ってみるとカワハギが釣れることが多いです。、
胴つき仕掛けで狙ってみるのも良し。

アジは日没後に食いが立つことが多いです。
たとえ、メジナ狙いのウキフカセでも頻繁に当たってきます。

ターゲットをアジに絞って狙うならカゴ釣りが有利。
船道の中央を流していくのがいいです。

日没直後はサビキ仕掛けでも食ってきますが、時間が経つにつれ食いが渋くなる傾向があります。
そんなときは1〜2本バリの吹き流し仕掛けが有利。

アオイソメや人工エサなどを付けエサにするのがベスト。

港内の護岸Cポイントは

白間津港C釣りポイント.jpg

足場が良好で、ファミリーフィッシングに最適です。
水温が高い時期はコマセに小メジナや小型回遊魚が群がってきますのでウキ釣りやサビキ仕掛けで釣れます。

また、夜間は小アジの回遊も見られるので、日没後まで粘って釣果を伸ばすのも楽しめます。

●白間津港の釣り期

白間津港釣り時期.jpg

・釣れる魚の盛期
アジ:6〜11月
メジナ:1月、6〜12月
クロダイ:10〜11月
回遊魚:8〜10月
ヒラスズキ:3〜4月

●白間津港周辺のコンビニ



白間津港から最寄りのコンビニは焼く6km北東にあり。

●白間津港周辺の釣具店
・石田つり具店



白間津港から石田つり具店までは約2km。

住所:〒295-0101 千葉県南房総市白浜町乙浜471−47
TEL:0470-38-4228

●白間津港周辺の車中泊スポット

・道の駅 ちくら潮風王国
潮風王国.jpg



白間津港から道の駅 ちくら潮風王国までは約1km。

駐車場は道路沿いですが、夜間は意外と静かです。
レストランもあり、20時まで営業しています。

>無料でできる、ガソリン代を安くする方法