千葉県南房総市白浜町に位置する川下港。





フラットな地形が続く南房は、この川下港を境に東側はゴツゴツとした岩場が連なる磯場となります。
岩々に囲まれたこの港はドロタ島、スエ島、イガイ島などの船渡し基地としても知られており、港や周辺の地磯で釣りをすることが可能。

主なターゲットはクロダイ、メジナ、アジ、ヒラスズキなど。
中でもメジナは50センチクラスの良型が釣れた実績もあり、まるで沖磯のような可能性を秘めています。

港内の右側に、多少の駐車スペースがありますが、漁業作業の邪魔になったり迷惑駐車をしたなら港全体が立入禁止、釣り禁止になるということも十分あり得ます。

マナーの悪い釣り人は来てはいけません。というか、そういう人は釣りをする資格ありません。

●川下港の釣り好ポイント


港内は潮通しがあまり良くない上に港の右側は非常に浅い岩礁帯となっています。
したがって、釣り座となるのは港左側の堤防Aポイントだけ。

川下港釣り好ポイント.jpg

港の外の岩礁帯、Bポイントがむしろメインポイントです。

港口の堤防Aポイントは

川下港釣りA好ポイント.jpg

ウキフカセ釣りでクロダイ、カイズが狙えます。
ナギの時は底が丸見えになるほど浅いので、外海が荒れて濁りのある日が狙い目。

Aポイント周辺で最も深いのが堤防正面の船道。
水深をよく測ったうえで付けエサを底ギリギリに流していくのがコツ。

外側の地磯Bポイントへは、岩場を伝って比較的簡単に入釣できます。
川下港釣りB好ポイント.jpg

ここへ入釣すると一見、スエ島やイガイ島との水道筋が良さそうと思いますが、実は野島岬側のミゾが狙い目。

足元からいきなり水深が深く、しかも適度にサラシも入っているのでメジナ狙いの好条件が揃っています。
冬場は大型も期待できます。

夏場は貝などをエサにすることでイシガキダイもヒット。
ただ、狙えるポイントが狭く仲間内であっても3人程度が限界です。

ここは1〜2人で静かに狙うのがベストですね。

南西風が強く、波のある日はヒラスズキも期待できます。
周辺はサラシが幾筋もできますので、ひとつひとつルアーを通して探ってみるといいです。

ただ、足元には十分注意が必要です。

●川下港の釣り期

川下港釣り時期.jpg

釣れる魚の盛期
メジナ:1〜2月
クロダイ:3〜4月、10月
ヒラスズキ:1〜2月、5月

●川下港周辺のコンビニ

川下港最寄りのコンビニは約1km北にあり。


●川下港周辺の釣具店

・あづまや釣具店



川下港からあづまや釣具店は東へ1.7km。



●川下港港周辺の車中泊スポット

・道の駅 白浜野島崎(RVパーク南房総・白浜)


川下港からは約700m北東にあり。


車中泊をする人にとっては安心のRVパークが設置された道の駅。
そちらは1日1500円で、電源も1000円で使用できます。

幹線道路から離れているため、夜間も静かです。
>無料でできる、ガソリン代を安くする方法