千葉県南房総市、白浜町滝口に位置する砂取港。



岩礁帯に囲まれた小さな漁港であり、港内外とも水深はかなり浅いです。
なので、少しの波風で砂が巻き上げられ、濁りが入りやすい環境。

この濁りがクロダイ、メジナなどの活性を上げてくれるので、シケ気味が狙い目。

砂取港は道路のすぐ脇にあるため、それほど歩くこともなく入釣できます。
そのためファミリーにも最適ですし、ちょい釣りを楽しみたい人にもおすすめ。

ちなみに3本ある堤防のうち沖に向かって左側の堤防は途切れ途切れにmなっているので入釣することができません。

●砂取港の釣り好ポイント


Aポイントの堤防先端部は、クロダイ、メジナ、ウミタナゴなどを周年狙うことが可能。

砂取港A好ポイント.jpg

冬場にはサヨリ釣りも楽しめるポイント。
比較的、波に強く堤防の中ほどを波が越えるような荒れた日でも、ここだけ波を被りにくいです。

ただ、南西風の強い日だけは堤防に当たった波しぶきをまともにくらうこともあり、無理は禁物です。

ウキ釣りのポイントは足下にある古い堤防の際や船道。
対岸の堤防際などですが、どこを狙うかはその時の潮の流れを見極める必要があります。

流れの先にある根の際は、コマセが溜まりやすいので絶好の好ポイントとなります。

Bポイントは、高い堤防の上に立って外側を狙います。
砂取港B好ポイント.jpg

足下は浅いので少し沖目に仕掛けを投げて古い堤防の沖側から船道にかけて仕掛けを流し込むのがベスト。

Aポイントが本命の釣り座なのですが、沖に払い出す潮が右沖に流れる日なら、こちらが断然有利。
このような時は沖にある岩や沈み根周辺でヒットする確率が高いです。

Cポイントは中央堤防の先端部。
砂取港C好ポイント.jpg

濁りのあるときにクロダイが釣れます。
しかし堤防が低いため、海が荒れると足元を波が洗うなど危険。

決して無理をしてはいけません。

ちなみに、残念ながら房総の港は迷惑駐車やゴミ放置などで釣り禁止になってしまったところも多いです。
当たり前の事ですが迷惑になる駐車はしない、ゴミは持ち帰るなどのマナーは遵守しなければなりません。

わかりますよね、人に迷惑をかけることをしたなら釣り禁止になることくらい。
自分で自分の首を絞めるのみならず、ちゃんとマナーを守っている人にも迷惑をかけてしまうわけです。

大人ならば、ルールは守りましょう。


●砂取港の釣り期

砂取港釣り時期.jpg


・釣れる魚の盛期
メジナ:1〜2月
クロダイ:3〜4月、10月
サヨリ:1〜2月
ウミタナゴ:1〜3月、12月

●砂取港周辺のコンビニ

砂取港から最寄りのコンビニは2.5km東にあり。


●砂取港周辺の釣具店

・あづまや釣具店



砂取港からあづまや釣具店は東へ4.4km。


●砂取港周辺の車中泊スポット

・道の駅 白浜野島崎(RVパーク南房総・白浜)


砂取港からは約3.7km東にあり。


車中泊をする人にとっては安心のRVパークが設置された道の駅。
そちらは1日1500円で、電源も1000円で使用できます。

幹線道路から離れているため、夜間も静かです。
>無料でできる、ガソリン代を安くする方法