千葉県館山市伊戸に位置する伊戸港。





洲崎から続く岩礁帯と、平砂浦とのほぼ境目にあります。
伊戸港の周りは岩場に囲まれているものの、海底は砂地と岩礁が入り混じっています。

普段は波穏やかな港ですが、低気圧や季節風により海が荒れると、適度なサラシと濁りが入るため型物メジナやクロダイが狙える絶好のチャンス。

魚影はかなり濃いですが、港左側が禁漁区となっているのと小規模な港なのでサオが出せる人数が限られています。
とはいえ、県道からやや離れているためか釣り人の姿も少ないです。

穴場的な釣り場といった雰囲気を醸し出しています。

●伊戸港の釣り好ポイント





伊戸港の主なポイントは左右の堤防、そして港の右側に広がる磯場。

左側の堤防の中ほど、Aポイントは

伊戸港A釣り好ポイント.jpg

外側のテトラ帯からウキ釣りでクロダイ、メジナが狙えます。
ヒットポイントはテトラ際。

水深は4mほどで、足場が悪いのでスパイクブーツやライフジャケットなど、安全装備は必ず着用します。

Bポイントは左側堤防の角。
伊戸港B釣り好ポイント.jpg

一段高くなっている堤防外側からサオを出します。
足下と沖にある根の左側際を攻めます。

小型メジナが非常に多く、数釣りを楽しみたい人におすすめ。
水深は4〜5mほど。

Cポイントは左側堤防の先端部。

伊戸港C釣り好ポイント.jpg

足場は良好で、ウミタナゴや小メジナなどを手軽に狙えます。
良型メジナやクロダイを狙うなら左側の根の際を流すといいです。

また、このポイントはスズキの実績も高く、サーフライト使った夜釣りが良いです。

右側堤防の先端部Dポイントは、

伊戸港D釣り好ポイント.jpg

シケの時の逃げ場。
外海が荒れると魚が港へ入ってくるので、思いがけぬ大物を釣り上げることもあります。

港の右にある低い岩場Eポイントは、

伊戸港E釣り好ポイント.jpg


堤防よりさらに沖に出て船道を狙えます。
そのため、クロダイやメジナの実績が最も高い場所。

ただ、満潮時には足元を波が洗うのでウエーダーやチャランボのような本格的な装備が必要です。

季節によってヒラスズキも有望。
強い南西風によって船道にサラシが出来た時がベストな狙い目。


※伊戸港は2019年現在は釣り禁止となっています。。

●伊戸港の釣り期

伊戸港釣り時期.jpg
>無料でできる、ガソリン代を安くする方法