千葉県館山市西川名に位置する西川名港。



ここは周辺を岩礁帯に囲まれた小さな漁港。
右側の堤防とその周囲の磯は禁漁区になっているので釣りができる範囲は狭いです。

なぎの日には小メジナやベラなど小物釣りがメーン。
ところがシケの時に、西川名港は大物の好釣り場へと表情を変えます。

海が荒れるとメジナやクロダイ、ヒラスズキなど良型の磯魚の好ポイントに。
沖に見える前大島をウネリが乗り越え、船道がサラシで真っ白になっているときが絶好の狙い目。

ニヤけながらサオを出してみましょう。

●西川名港の釣り好ポイント


西川名港のメインポイントは船道。
Aポイントの堤防先端部は2人まで入釣可能。
西川名港A釣り好ポイント.jpg
船道の水深は約4mで、ナギの日は潮流も緩慢。
なのでポイントがボヤけてしまいます。

しかし適度にウネリがあるなら港の左右からのサラシが船道で合流し、沖へ勢いよく払い出していきます。

ウキフカセ釣りならこの潮に仕掛けを乗せて狙うのがベスト。
手前で釣れる時もありますが、かなり遠くでもメジナやクロダイがヒットすることも多いです。

時にはリールに巻いたミチイトを流しきる頃に当たってくることもあり、まるで離島の本流釣りのようなダイナミックな釣りを楽しめます。

夏から秋の高水温期ならば1kg級の尾長めじなが食ってくることも。

また、Aポイントから狙う船道ではヒラスズキも高実績。
朝夕まづめ時を中心に、サラシの中をルアーで狙うのがベスト。

一般的にはヒラスズキは同じポイントで粘るより、どんどん移動したほうが良いとされていますが、西川名港では潮が変わると同じ場所でもヒットすることがあります。

ルアーは11〜14センチのフローティングミノー。
速引きしてもバランスが崩れないルアーを選ぶと良いです。

堤防外側のBポイントもなかなかの好ポイントで、
西川名港B釣り好ポイント.jpg

満潮時でも1ヒロ程度の水深しかないにも関わらず、夏〜秋にはスイカをエサにしたクロダイ釣りの好ポイントに。

根と根の間にある狭いミゾで1〜2kg級がヒット。
ここも海が荒れていない時は期待薄。

●西川名港の釣り期

西川名港釣り時期.jpg

●西川名港周辺のコンビニ

西川名港から最寄りのコンビニは約8km東にあり。

車で約11分、やや遠いです。

●西川名港周辺の釣具店

・佐野釣具店



洲崎西港から佐野釣具店までは約4.1km。



●西川名港周辺のキャンプ場、車中泊スポット

・お台場 海浜庭園

西川名港からお台場 海浜庭園までは約4km。


通年で営業しているオートキャンプ場。
炊事場、トイレはもちろんシャワーも利用できます。

バーベキュー用品やイス、テーブルなどもレンタルしているので荷物が少なくて済むのは便利です。
ちなみにここは車中泊の場合でも料金がかかりますので注意。

・料金
1)フリーサイト(AC電源なし、区画なし)
6000円/1テント 6名まで
7名より 7000円/泊  

2)オートサイト(AC電源あり、区画なし)
7000円/1テント 6名まで
7名より 8000円/泊

3)キャンピングカーサイト(AC電源あり、区画なし)
8000円/1台

4)ソロキャンプ【車】 4000円/1人(1人用テント)

5)ソロキャンプ【バイク】 2000円/1人(1人用テント)

6)デイキャンプ
3000円/1テント 6名、車2台まで
4000円       7〜12名、車4台まで
5000円      13名〜 
 ※バーベキューをする場合は、BBQプランの料金となります。

7)レンタル品   
バーベキューコンロ(網・鉄板・トング・ヘラ付き)  2,500円
テーブル 300円
イス(3人掛け) 300円
焚き火用コンロ 300円
投光機 500円 

※焚き火用コンロはドラム缶を半分にカットして作られたものです。
※テントのレンタルはありません。

8)販売品
木炭3kg   500円
着火剤 200円
薪 800円

・キャンプ料金についての補足

深夜0時から9:30までの利用は、ディキャンプ料金がかかります。
キャンプの延長料金は2,000円/サイトとなります。
朝早く来て釣りをする方(深夜0時から9:30までの間)は別途釣り駐車料金がかかります。
車中泊の場合でも、1サイトの料金がかかります。
バイク2人以上で、1テントの場合は、1サイト6,000円となります。
駐車料は、1サイトに付き、車2台まで無料。3台目から1台に付き、1000円かかります。
>無料でできる、ガソリン代を安くする方法