千葉県富津市八幡、東京観音の真下に位置する新舞子海岸。





南北7kmの砂浜が続いており、主な釣場となるのは染川河口の堤防と南側の2本の小堤防の間。
夏はシロギス、秋は回遊魚、春のスズキなど釣り物が多いです。
新舞子堤防釣り.jpg

それに加え、首都圏から1時間少々とアクセスも良好。
ただ、国道からやや離れたところにあり、染川から磯根崎までの約3kmの区間は海岸に出られる道があまりないので訪れる人が少ない穴場的な釣り場となっています。

●新舞子堤防の釣り好ポイント




駐車場の左右にある小堤防の長さは約20m、幅1.5mほどと短いです。



満潮時は波を被るうえ、老朽化が進んでおり傾いたり欠けたところがあり、乗れるのは干潮時のみ。

足元は非常に滑りやすいのでスパイクブーツは必ず着用したいところです。
ここからのターゲットはシロギス、カレイ、アイナメ、アナゴ、スズキ、イシモチ、イナダなど。

新舞子堤防海水浴場側.jpg

シロギスやカレイはちょい投げでヒット。
季節風の影響で堤防の左右どちらかの海底が掘れているのでその深みを狙うとよく釣れます。

根魚であるアイナメは堤防の際に居着いています。

アナゴ、イシモチ、スズキは濁りのあるときや夜釣りが狙い目。
特にアナゴとイシモチは濁りがあれば日中でも食ってきます。

スズキは小魚を狙って堤防際まで入ってくることも多く、堤防と平行にルアーを引くのもいいです。

染川河口の堤防は

新舞子堤防 染川釣り好ポイント.jpg

小さいにもかかわらず、多彩な魚種が狙えます。
ただ、堤防先端のケーソンが傾いており、降りる際は注意が必要です。

小堤防と同様の釣り物に加えてクロダイ、アジも狙えます。

川水の影響なのか、スズキの実績は非常に高く、ウキ釣りや投げ釣りなど様々な釣り方で狙うことが可能。
スズキは真冬を除いて一年中狙うことができますが、特に秋が狙い目。

初夏〜秋にかけてはクロダイがエサを漁りに堤防際へ回遊してくるのでヘチ釣りやウキ釣りで狙います。
狙う人は少ないですが、釣れれば良型の確率が高いです。

スズキ、クロダイ以外の釣り物は堤防先端から左の沖向き一帯がポイント。

海底はほぼ砂地であり、所々小さな沈み根あり。
根がかりを心配するほどでもありません。

●新舞子堤防の釣り期

新舞子堤防釣り時期.jpg

●新舞子堤防周辺のコンビニ

新舞子堤防から最寄りのコンビニは約3.4km南にあり。



車で約7分ほど。

●新舞子堤防周辺の釣具店
・榎本釣具店


新舞子堤防周辺の釣具店は榎本釣具店。
距離は約5km。


車で約9分ほど。

●新舞子海岸周辺の車中泊スポット

・上総湊海水浴場


新舞子海岸から上総湊海水浴場までは約4.8km。



車で約10分ほど。
広大な駐車場にトイレあり。

国道から離れているため、夜間は静かです。
車中泊の場所としてかなり快適です。
>無料でできる、ガソリン代を安くする方法