上天草市の松島町にある干切漁港は



チヌの釣り場として定評がある人気の釣り場。

根魚が多いことでも知られ、メバルやガラカブもよく釣れます。
港内岸壁も広いため、駐車が楽です。

干切漁港は北側の波止と南側の波止がありますが、どちらも下げ潮でチヌが狙える好ポイント。


●干切漁港で釣れる魚の時期

干切漁港の釣り時期.jpg

チヌはウキ釣りで1〜2月、肥えた寒チヌが時折きます。
3〜5月は乗っ込み時期で35センチ前後がヒット。

6〜7月は20〜30センチ主体で数釣りが可能。

8〜9月は餌取りが多く釣果は多少落ちるものの付け餌にカニを使うことで効果が期待できます。
10月〜12月は25〜40センチ。

・北側の波止
Aポイント、北側の波止は

干切漁港釣りA好ポイント.jpg

チヌメーンの釣り場。
潮流は付け根側でゆっくりですが突端側になると速くなります。

6〜12月は30センチほどのキビレが交じります。

・北側波止の突端部
Bポイントは

干切漁港釣りB好ポイント.jpg

10〜1月に船道で17〜20センチのアジが釣れます。
朝まずめが良好であり、秋にはカワハギやメバルも少し釣れます。

・南側波止の屈折部〜突端部

Cポイントは

干切漁港釣りC好ポイント.jpg

ガラカブが1年中狙えます。
足元に敷石が積まれ、格好のポイント。

探り釣りの場合2〜3号の軽いオモリを使えば根がかりが少ないです。

時折アイナメ、夜はぶっ込みでアナゴ。
潮流が速いため小潮を狙うのがベスト。

・南側波止の付け根〜屈折部

Dポイントは
干切漁港釣りD好ポイント.jpg

チヌとクロがヒット。
クロは5〜6月、10〜11月に20〜25センチ。

時折30センチ超えがきます。

屈折部では10〜1月に17〜20センチのアジ。
メバルは11〜2月で夜釣りが良好。

上げ潮は当て潮になって、やや釣りにくくなります。

>無料でできる、ガソリン代を安くする方法