熊本県上天草市の市街地から約5kmほど西に位置する七つ割漁港。



有明海に面しているため、潮通しは抜群。
そのためチヌの釣り場として親しまれています。

七つ割漁港一帯の海底は砂地で遠浅なので投げ釣りのポイントとして定番化していますが、近年はウキ釣りやエギングも目立ちます。

●七つ割漁港の特徴





最近、人気を集めているのがウキ釣りで狙う3〜5月の乗っ込みのチヌ。
しかも全体的に型が良好なのが特徴。

年によってむらはありますが、50センチクラスの大型がかなりの確率で釣れています。

七つ割漁港は全体的に浅いので、満潮前後がベスト。
しかも朝夕まずめと重なれば最高です。

ポイントとなるのは駆け上がりや藻の周辺。
また、底がうっすら見えるような場所でもヒットします。

ボラ、ウミタナゴも少し交じります。
餌取りのフグはやや多いです。

チヌは乗っ込みの時季が過ぎるとウキ釣りで狙うのは難しくなります。
夏場ならばチニング(ルアーで狙うチヌ)がベスト。

●七つ割漁港の好ポイント

・外波止の中間部

Aポイントは、

七ッ割漁港A好ポイント.jpg

乗っ込みのチヌの好ポイント。
消波ブロックからのサオ出しですが、足場は比較的良いです。

逆T字状に突き出ているブロック周辺は潮がたまりやすいので、特に期待が高いです。
Aポイントはどの釣り座からもサオ3本分ほどの遠投が必要です。

満潮時には足元を洗うため、注意です。

・外波止、中間部

Bポイント、外波止中間部は
七ッ割漁港B好ポイント.jpg

フラットなため足場は良好。
5〜10月にキスの投げ釣りポイント。

15〜20cmクラスのキスが釣れます。

ちょい投げではあまり釣れませんが船道を狙います。

沖にある黒島に向け、100mほど遠投すれば数も釣れます。
ただ、ハオコゼやウミケムシが多いので注意です。

乗っ込みチヌを狙うなら消波ブロック寄りが狙い目です。

・内波止
Cポイント、内波止は
七ッ割漁港C好ポイント.jpg

乗っ込みチヌが狙えるポイント。
数はあまり伸びないものの、良型が期待できます。

ポイントは船道付近。

外灯下で夜釣りも実績あり。

春はミズイカ、コウイカ。
夏はアジゴ、秋〜冬は小アジなど、多彩な魚種が釣れます。

●七つ割漁港で釣れる魚の時期

七ッ割漁港の釣り時期.jpg

●七つ割漁港周辺のコンビニ

七つ割漁港から約4km東にコンビニあり。



車で約10分ほどとやや遠いですが、24時間営業なので便利です。

>無料でできる、ガソリン代を安くする方法