後志地方、寿都町市街地から北に約5kmに位置する弁慶岬。



ここはホッケの千石場として知られており、春と秋のシーズン盛期にはウキ釣りの釣り人でにぎわいます。
投げ釣りも良好で、ソイ、ハチガラ、カジカなども釣れます。

弁慶岬にはトイレもあります。

しかし、この釣り場は風が強く、特に北と南まじりの風が吹くと、風速10m以上の強風となるので注意。



弁慶岬の先端部の岩場へは、駐車場から弁慶灯台へ進み、灯台から崖を下って入釣します。
入釣に際して、傾斜がきついのと滑落の危険があるため、仲間同士で荷物を手渡しするなど慎重に下る必要があります。

●弁慶岬周辺の釣り好ポイント

Aポイントは、

弁慶岬釣りA好ポイント.jpg

砂地にバラ根があり、根掛かりが多いです。
しかし中〜遠投でホッケのほか、ソイやアブラコ、カジカなどの五目釣りが楽しめます。

B、及びCポイントは、
弁慶岬釣りBC好ポイント.jpg

弁慶岬の基部にある政泊漁港から入釣します。
政泊漁港は左右に防波堤があり、Bポイントへは右側の防波堤から入釣します。

Bポイントはホッケの魚道となっているのでシーズン中はウキ釣りをする釣り人でにぎわいます。

ここは投げ釣りも良好で、ホッケのほか、ソイ、ハチガラ、アブラコ、カジカ、クロガシラなども釣れます。

対岸のCポイントへは、左側の防波堤から消波ブロックを越えて入釣します。
Cポイントも、Bポイントと同様、魚道となっているので魚影は濃いですしウキ釣りで大釣りが可能。

Dポイントも
弁慶岬釣りD好ポイント.jpg

B,Cポイントと同様にホッケがたまる場所。
こちらもウキ釣りメイン。

このポイントから左側は砂政泊まで500mほど岩場が続いており、ホッケ、アブラコ、ソイなどが釣れます。

●弁慶岬周辺で釣れる魚の時期

弁慶岬周辺釣り時期.jpg

●ホッケ釣りに実績を誇るルアー


ホッケは群れの回遊に当たれば、どんなハードルアーでも意外と簡単に釣果を上げることができます。
中でも最も釣果を上げてくれるのがメタルジグ

ホッケはフォール中のバイトが非常に多い魚なので、絶妙なフォールアクションを得意とするメタルジグがうってつけなのです。
ただ、メタルジグは価格的にやや高いというデメリットがあります。

もう一つがシャッド系ワーム
ハードルアーに比べて安価であり、ロストのリスクが小さいのがメリット。


・ホッケの釣果を上げているメタルジグ

ホッケのルアーフィッシングは基本的にピンク系メタルジグが定番。

しかし、ワームに比べるとスレが早いという特徴あり、テンポよくカラーチェンジすることで釣果を伸ばすことができます。








メジャークラフト ルアー メタルジグ ジグパラ ショアスローモデル20g #01 イワシ JPSLOW-20



低コストながら、かなりの釣果を上げているコスパの高いルアー。
独自の木の葉フォールアクションでホッケのバイトを引き出してくれます。





マリア ムーチョ・ルチア


ボディにホログラム加工が施されており、抜群のフラッシング効果でホッケに対してアピールします。




JACKALL(ジャッカル) メタルジグ ビッグバッカー ジグ 54mm 20g シラスシルバー/マグマウェーブホロ



遠投性能が高く、やや沖目の回遊に対しても確実なアプローチが可能です。
フォールアクションはやや早めの鋭いアクションであるため、ハマれば爆釣も期待できます。

・ホッケの釣果を上げているワーム



ケイテック スイングインパクト 2.5インチ KEITECH Swing Impact 2.5inch

小魚の動きをリアルに模したアクションが特徴。
ホッケに対し、ナチュラルな動きでアピールしたい時に有効です。




エコギア(Ecogear) ワーム グラスミノー

サイズ、カラーともにバリエーションに富んでいます。
ホッケ釣りにも実績あり。


●弁慶岬最寄りのコンビニ

弁慶岬から最寄りのコンビニは、寿都市街地にあり。



南東へ約6km。
営業時間は6時〜21時。
>無料でできる、ガソリン代を安くする方法