釣りおすすめ度★★★★★

根室地方、羅臼町麻布町に位置する於尋麻布(おたずねまっぷ)漁港。


この漁港の特徴、釣れる魚種や好ポイントなどをご紹介させていただきます。

●於尋麻布漁港の特徴

知床連峰を背後に、国後島を眼前に雄大な景色に包まれながら釣りを楽しめます。
ターゲットはカレイとコマイ。

特に初夏から始まるカレイ釣りは1日で中型クーラーが満たされることも。
良型コマイも20〜30匹はすぐに釣れてしまいます。

かなりの釣果が上がるにも関わらず釣り人はそれほど多くないのでかなり居心地のいい釣り場です。


港内にトイレはないものの、コンビニは羅臼市街地方面へ約1.4km。


●於尋麻布漁港の釣り好ポイント

カレイ狙いはAポイントの東防波堤全域の外海側です。
おたずねまっぷ漁港A.jpg

胸壁越しでからサオを出してもいいのですが、胸壁上や消波ブロック上からキャストするのが一般的ですね。
胸壁は低いので登りやすいですし、消波ブロックも乗りやすいです。

カレイはマガレイ、クロガシラ中心にソウハチやスナガレイも交じります。
時期、時間帯の条件が整えばソウハチの入れ食いになります。

基本的に遠投は必要なく、ピーク時は手前でヒットが連発。
ゆえに手返し優先でちょい投げ〜中投げに徹底するのがベストです。

距離が必要ないので磯竿を利用する人も中にはいます。

よく釣れるのはなぎの日でどんよりと曇った日。
岸寄りがピークなら、こんな日は1日中入れ食いもあり。

コマイのシーズンはカレイと同様に6月から。
サイズが良い年なら、35〜40センチクラスでクーラーいっぱいになります。

こちらもポイントは東防波堤外海側全域。
おたずねまっぷ漁港A.jpg

また、防波堤先端部の階段を登ったBポイントも好ポイント。
おたずねまっぷ漁港B.jpg

しかし、Bポイントは釣り座が狭いので仲間同士でも3人ほどが限界。
夜間を除けば朝に釣果が集中しやすいです。

夜明けとともに釣れ始め、その後カレイが来ます。
日中はあまり釣れない傾向ですが、どんより曇った日は釣れる可能性あり。

●於尋麻布漁港の穴場ポイント

ピーク時には港内でもカレイやコマイが釣れます。
特にファミリーにピッタリな好ポイントは東防波堤先端部階段手前のCポイント。
おたずねまっぷ漁港C.jpg

ここから船道を狙います。
時期、時間帯を外さない限り好漁も十分に可能。

●於尋麻布漁港で釣れる魚の時期

おたずねまっぷ漁港で釣れる魚と時期.png
>無料でできる、ガソリン代を安くする方法