釣りおすすめ度★★★★★

根室地方、別海町に位置する尾岱沼漁港。


この漁港の特徴、釣れる魚種や好ポイントなどをご紹介させていただきます。

●尾岱沼漁港の特徴

約1.5kmの南北に延びる細長い漁港。
魚種が豊富で、サビキ釣りではチカやニシン。

投げ釣りではカジカ、コマイ、クロガシラ。
夏〜秋にはカラフトマスやサケ釣りの釣り人で大賑わいとなります。





トイレは港内の尾岱沼コミュニティセンター、みなと公園にあり。
コンビニは漁港のすぐ近くにあり。


●尾岱沼漁港の釣り好ポイント

投げ釣りのシーズン開幕は遅く、例年6月上旬。
人気のポイントは北護岸Aポイントから北防波堤Bポイント付近の外海側。
尾岱沼漁港AB.jpg

最初にカジカが釣れはじめ、続いてクロガシラ、コマイ、カワガレイが来ます。

7月にはカラフトマス。
8月中旬以降はサケが釣れるなど、魚種が豊富です。

カジカ釣りならブラー釣りやロックフィッシングも面白いです。

西防波堤先端部のCポイントから曲がり角のDポイント間は
尾岱沼漁港CD.jpg

6月上旬からカジカ、コマイ、クロガシラなどがちょい投げ〜中投げで狙えます。
8月中旬以降からサケが岸寄りをはじめ、ウキ釣りやウキルアー釣りなどで狙うことができます。

ただ、一帯は大潮の日には潮流が速いので、流れスガモが邪魔でかなり釣りにくいですし釣りにならないことも。
なので事前に潮回りを確認してから出かけたいところです。

サケの1級ポイントとして知られるのが港内中央につき出す屋根付き岸壁のFポイント。
また、そこから延びる南防波堤のEポイント。
尾岱沼漁港FE.jpg

いずれも港内側、外海側両方から狙うことができ、ピーク時には釣り銀座の様相を呈します。
ゆえに、マナーを守り、釣り人同士のオマツリやトラブルに注意しなければなりません。

ウキ釣り、ウキルアー釣りで狙えますが、混み合っている時はウキ釣りが無難です。

●尾岱沼漁港の穴場ポイント

サケ釣りシーズンの終盤になってくると、港内突堤のGポイントでチカ、ニシン釣りが始まります。
尾岱沼漁港G.jpg

チカは春にも釣れますが、やはり秋以降の方が大型で釣り人に人気。
平均18〜20センチクラスが釣れ、仕掛けは4〜5号を使用します。

ニシンはサビキ釣りで20〜30センチクラスがヒットします。

●尾岱沼漁港で釣れる魚の時期

尾岱沼港釣れる魚と時期.png


>無料でできる、ガソリン代を安くする方法