ごく浅瀬から水深50m以深に生息しているカサゴ。
そのため、防波堤からや沖釣り、磯釣りでも釣ることができます。
カサゴ.jpg

引用 WEB魚図鑑 https://zukan.com/fish/internal39

体色は、浅場なら黒褐色や暗褐色。
深場のものは赤みが強いです。

頭は大きく、背びれ、腹びれ、エラブタは鋭いです。
特に、背びれには毒もあるので、カサゴが釣れたら下アゴの部分を親指で持つようにしなければなりません。

鋭いヒレを持つため、ハリ掛かりしたら素早く巻き上げないと岩などに張り付いて離れない場合があります。
ただ、狙ったポイントにカサゴがいたら、エサを落とし込んで数回シェイキングすれば十中八九食いついてきます。

アタリはゴンゴンと強烈。

カサゴの仲間は多く、ムラソイやクロソイ、ベッコウソイなどが防波堤などで釣れます。

●仕掛け(探り釣り)
探り釣りの仕掛けがベスト。
ロッドはルアーロッド、シロギス用の船竿。

リールは小型スピニングリールを使用します。

ミチイトはナイロン3号、PE1〜2号にナツメオモリ5号を通し、ハリスは2〜3号。(15センチ程度)
ハリは丸セイゴ12〜15号程度。

●エサ
エサは青イソメ、イワイソメのほかにオキアミ、サンマ、サバの切り身などを使用。
青イソメは1匹掛けにし、イワイソメは垂らしを3〜4センチにします。
青イソメ.jpg

オキアミは大粒のものを使用。
尾を切って付けます。
カサゴのエサの種類.jpg

サンマ、サバの切り身は上部の真ん中にハリを刺し、回転しないようにします。
長さは3〜4センチ、幅は1センチほどにします。
サンマ、サバ.jpg

●カサゴの釣り方

カサゴは障害物やケーソンとケーソンの隙間や防波堤の際などに潜んでいます。
そのようなポイントに仕掛けを投入します。
カサゴの釣り方.jpg

1.沖目のポイントは仕掛けを投入します。
2.仕掛けを、底をトレースするようにエサをジャンピングさせ、手前に巻いていきます。


足元のポイントは、竿をシャクって仕掛けを上下に数回動かします。

そこにカサゴがいれば必ずと言っていいほど食いついてくるので、ゆっくり竿先を上げて巻き上げます。
アタリがなければ早々に次のポイントに移動し、広く釣り歩くのがベストです。


>無料でできる、ガソリン代を安くする方法