釣りおすすめ度★★★★☆

礼文島、礼文町香深村ナイヲロに位置する内路漁港。


この漁港の特徴、釣り好ポイントや時期などをご紹介させていただきます。

●内路漁港の特徴

港内に内路川が流入しており、海底は岩盤に砂地、飛び根。
クロガシラやアブラコのほか、クロゾイ、カジカなどの魚影も濃く、島内では大物のヒット率が高いです。

アメマス、サケなども港内を回遊するので春〜秋まで長期で釣りが楽しめます。


●内路漁港の釣り好ポイント

南防波堤先端部のAポイントは
内路漁港A.jpg

港内に向かってちょい投げ〜中投げで30〜40センチクラスのクロガシラや、40〜50センチクラスのアブラコが期待できます。

ただ、根掛かりもあるので投入後はなるべく仕掛けを動かさないのがベスト。

大物が狙えるのでタモの準備は必須です。


●内路漁港の穴場ポイント


港内に流入する内路川河口の右横船揚げ場付近のBポイントは

内路漁港B.jpg

アメマスの好ポイント。
シーズンにはサケの群れも溜まるポイント。

サケは条件がよければ短時間で複数匹釣ることも可能です。

●内路漁港で釣れる魚の時期

内路漁港釣れる魚と時期.png