釣りおすすめ度★★★☆☆

胆振地方、登別市と白老町にまたがる登別漁港。


この漁港の特徴や釣れる魚種、好ポイントなどをご紹介させていただきます。

●登別漁港の特徴

漁港内と周辺は秋のサケ釣りが本命。
サケシーズンには多くの釣り人が訪れます。


港内にトイレはなく、コンビニは約2km先にあり。


●登別漁港の釣り好ポイント

登別漁港の主なサケポイントは東、西防波堤。
登別漁港ABサケ.jpg

Aポイントは船道をウキルアーや投げ釣りで狙います。
Bポイントは狭い胸壁上からのキャストなので注意。

新西防波堤のCポイントは
登別漁港C.jpg

外海側にある消波ブロックに高さがないので外海狙いができます。
アブラコ、ソイなどが釣れます。

東防波堤は先端部までは行けず、新西防波堤と対峙する地点で行き止まり。
サケのほかにもクロガシラやコマイなどが釣れます。
登別漁港Aコマイ、カレイ.jpg

しかし、型物はまれです。

●登別漁港の穴場ポイント

港内奥へ進んだサケの折り返し地点となるのが東防波堤基部のDポイント。
登別漁港D.jpg

ここまで来たサケはかなりすれているのでウキルアー釣りより投げ釣りに分があります。

●登別漁港で釣れる魚の時期


登別漁港で釣れる魚の時期.png