釣りおすすめ度★★★★☆

日高地方、浦河町に位置する荻伏漁港。


この漁港の特徴、釣れる魚種や好ポイントなどをご紹介させていただきます。

●荻伏漁港の特徴

岩礁に囲まれ、コンブなどの海藻もよく繁っています。
そのため、魚影は濃く、港内や漁港左側の海岸も人気があります。

秋になると多くの釣り人がサオを並べます。
主なターゲットはカジカ、アブラコ、コマイなど。


港内にトイレはなく、コンビニは約2.7km先の荻伏市街地にあり。


いちいちトイレが面倒なら携帯トイレの持参が安心です。

●荻伏漁港の釣り好ポイント

南防波堤先端部のAポイントは
荻伏漁港A.jpg


沖の至近距離に、満潮時でも海面から露出している岩があります。
その周辺を狙うとカジカ、アブラコが釣れます。

正面沖には西外防波堤と岩が点在していますが、その岩周辺を狙うとカジカやクロガシラが狙えます。
ただし遠投が必要です。

西防波堤の外海側は消波ブロックが入っていないので釣りやすいです。
先端部付近のBポイントがベストポイントで、
荻伏漁港B.jpg

ちょい投げでカジカ、遠投ではクロガシラが釣れます。

港内は全域、チカの釣り場。
特に釣果が安定しているのが港内中央の突堤先端部Cポイントや、右側。
荻伏漁港C.jpg

しけの時には港内の船揚げ場左側の岸壁も狙い目です。

春以外、ほぼ一年中狙えますが、特に冬季に脂の乗った大物が狙えます。

漁港左側の岸壁Dポイントは、階段上の護岸の上からサオが出せます。
荻伏漁港D.jpg

左右の根の際に投げると、カジカやアブラコが釣れ、中央付近の砂地に投げるとコマイ、クロガシラが釣れます。

ちなみにコマイは秋より夏の方が釣果が期待できます。

●荻伏漁港の穴場ポイント

漁港の左海岸のEポイントは
荻伏漁港E.jpg

国道336号線脇の小林水産の裏にあたります。
潮位50センチを超えるとほとんど水没しますが、細長い岩が沖に向かって幾重にも伸びています。

この岩の際を丁寧に探ると良型アブラコやカジカが釣れます。
ただ、まっすぐ投げたのでは岩をまたいでしまうので、右斜め方向に投げるのがベスト。

攻略には潮位50センチ以下の時間帯に入釣。
岩の位置を確認しておくことが重要です。

Eポイントより左側にも大きな根原あり。
秋にはカジカ、アブラコのポイントとなっています。

さらに左側へ行くと元浦川の河口。
そこではコマイやマツカワなどが狙えます。

●荻伏漁港で釣れる魚の時期

荻伏漁港で釣れる魚と時期.png

●荻伏漁港周辺の車中泊スポット

・道の駅 みついし
道の駅みついし.jpg

荻伏漁港からは約3.6km


道の駅みついしは温泉もあって、海水浴場やキャンプ場もあります。
駐車場も228台止まれる広大なものですが、国道に近いため騒音はややあります。
静かに寝たい場合はキャンプ場を利用するのも手です。その場合は有料になってしまいます。

無料で済ませたい場合は、駐車場になりますが耳栓を持参したほうがいいかもしれません。


●荻伏漁港周辺の温泉

・みついし昆布温泉 蔵三
みついし昆布温泉 蔵三.jpg

道の駅 みついしの隣にあります。
早朝5:00からやっているのでありがたい限りです。

三石産の昆布を浮かせ、たっぷりエキスを抽出した昆布湯が特徴です。

営業時間 5:00〜9:00/10:00〜22:00
日帰り入浴 大人 440円 小人 140円 幼児 70円
>無料でできる、ガソリン代を安くする方法