釣りおすすめ度★★★☆☆

檜山地方、奥尻島東海岸に位置する赤石(奥尻)漁港。


この漁港の特徴、釣れる魚種や好ポイントなどをご紹介させていただきます。

●赤石(奥尻)漁港の特徴

港内、外海側ともに砂地が多いです。
ゆえにカレイが釣れ、カレイ狙いの釣り人が多く入釣しています。

ところが港内はあまり期待できず、東防波堤から外海側への遠投がメイン。
この漁港沖は、ヒラメやサクラマスの船釣りポイント。

時々、漁港からルアー釣りで大物が釣れます。
港内にはトイレはなく、クルマで1分ほど北へいけばうにまる公園のトイレがあります。


●赤石(奥尻)漁港の釣り好ポイント

東防波堤先端のAポイント〜Cポイントは
赤石(奥尻)漁港AC.jpg

外海側への遠投でカレイが狙えます。
特にAポイント付近の3時方向に遠投するとマガレイ。

12時方向はアブラコやホッケなどが狙える好ポイント。

C〜Dポイントは、
赤石(奥尻)漁港CD.jpg

消波ブロック越しの釣りとなるのでベテラン向きです。

南護岸Dポイントは、
赤石(奥尻)漁港D.jpg

水深が8〜9mと比較的深いです。
そのため良型ホッケ、クロガシラ、クロゾイなどが狙えます。
しかし、根掛かりもしやすいので注意です。

北防波堤先端部Eポイントは、
赤石(奥尻)漁港E.jpg

アブラコ、クロゾイがヒットします。
しかし、防波堤が高いのがやや難点です。

●赤石(奥尻)漁港の穴場ポイント

安定的な釣果が期待できるポイントはBポイント。
赤石(奥尻)漁港B.jpg

防波堤の高さが変わるあたりの場所から遠投すると有効です。
取り込みの際は消波ブロックに注意します。

●赤石(奥尻)漁港で釣れる魚の時期

赤石(奥尻)漁港釣れる魚と時期.png
>無料でできる、ガソリン代を安くする方法