釣りおすすめ度★★☆☆☆

後志地方、島牧村に位置する永豊漁港。


この漁港の特徴、釣れる魚種や好ポイントなどをご紹介させていただきます。

●永豊漁港の特徴

規模も小さな漁港。
水深も浅く、主にチカやカタクチイワシなどの小物が釣れます。

しかし、ポイントやタイミングが合えばホッケ、アブラコ、カジカなども狙えます。


港内にトイレはなく、国道229号線をせたな方面にクルマで数分すすむと島牧村泊地区にコンビニやガソリンスタンドあり。
さらに数分すすむと豊平地区に公衆トイレがあります。

●永豊漁港の釣り好ポイント

西防波堤先端部Aポイントは、
永豊漁港A.jpg

ホッケのポイントです。
晩秋の抱卵物はそれほど期待できませんが、春はコマセネット付き仕掛けで11時から12時方向を狙うとヒットします。

また魚影が濃いならウキ釣りも可能。
このポイントは数は少ないものの、アブラコやカジカも釣れます。

Bポイント岸壁は春に16〜18センチクラスの良型チカが期待できます。
魚影が濃い時は数釣りもできます。

夏は一時的に釣果が落ちますが、8月末から晩秋までは再び釣果が持ち直します。
秋の序盤では10センチ程度と小型ですが徐々にサイズアップ。

その年によりますが、カタクチイワシも交じります。

●永豊漁港の穴場ポイント

南防波堤先端部周辺のCポイントは
永豊漁港C.jpg

しけの時に港内にアブラコやカジカが入ってくるので、投げ釣りで狙えます。

●永豊漁港で釣れる魚の時期

永豊漁港釣れる魚と時期.png

●永豊漁港周辺の温泉

・宮内温泉旅館
宮内温泉旅館1.jpg

「みやうち」ではなく、「ぐうない」と読みます。
永豊漁港からは約5.6km。



周りは山や田園に囲まれた一軒宿。いわば秘湯。
湯量が豊富であり、もちろん源泉かけ流し。

内湯は温度差のある熱湯とぬる湯。
宮内温泉2.jpg

そして露天からは自然豊かな裏山を眺めることができる宿のご主人の手造り。
湯は美人の湯で、肌の柔らかさが蘇るようです。


住所 島牧村泊431
TEL 0136-75-6320
日帰り入浴 大人500円、子供300円
営業時間 10時〜20時
定休日 無休
泉質 ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉

>無料でできる、ガソリン代を安くする方法