釣りおすすめ度★★★☆☆

札幌市街地より北に55kmほどに位置する石狩市厚田区の濃昼漁港(ごきびるぎょこう)。


この漁港の特徴や釣れる魚種、好ポイントなどをご紹介させていただきます。

●濃昼漁港の特徴

周囲を山に囲まれており、景観がいいとともに北、西よりの風に強いです。
海底は玉砂利や岩盤。

魚種が豊富なのですが、どの種類の魚にしても数釣りはあまり望めません。

港内にはトイレはなく、コンビニ・ガソリンスタンドはクルマで10分ほどの厚田市街地。または浜益市街地。

●濃昼漁港の釣り好ポイント

西防波堤先端部であるAポイントは
濃昼漁港A.jpg

春に外海側でマガレイが狙えます。
港内側の船道を狙うと30センチクラスの良型クロガシラが釣れます。

このポイントではウキ釣り、ロックフィッシングも同時に楽しめます。
外海側の消波ブロック上からワームをキャストして探ると、主にクロゾイがヒット。

ガヤも混じります。

穴釣りではアブラコ、カジカも期待できますし、港内では通年でチカ釣りをすることができます。

●濃昼漁港の穴場ポイント

南防波堤外海側に流入している濃昼川河口周辺のCポイントは
濃昼漁港BC.jpg

秋にカジカ、アブラコが釣れる好ポイント。
イカゴロ仕掛けが効果的です。

また、港内Bポイントは小型クロゾイが狙えます。
しかし、漁船を係留するロープが張り巡らされており、やや注意が必要です。

●濃昼漁港で釣れる魚種の時期

濃昼漁港で釣れる魚と時期.png

>無料でできる、ガソリン代を安くする方法